東京・池袋サンシャインシティからの風景
2015/7 サイトを移転し、リニューアルしました。

パニ症交流会とは、おもにパニック症に悩む人たちの交流会です。


パニ症交流会は、森田療法の自助グループ NPO法人「生活の発見会」のテーマ別交流会
です。
生活の発見会の会員が自主的に運営しています。

森田療法は、神経症に有効とされる日本生まれの精神療法です。
パニック症は、森田療法では、不安神経症の中に分類されています。

この症状は大変きつい症状で、多くのばあい日常生活に支障をきたしております。
これから抜け出すにはなんといっても実際の行動が必要と考えますが、さまざまな恐怖、不安といった予期不安によりなかなかできないのが実情です。

この課題をクリアしていくにはひとりでは限界がありますので、仲間が集まって助け支えあい工夫していく場として立ち上げたのが、パニ症交流会です。
 

パニック症の自助グループの特徴


・同様体験者の集まりなので、理解、共感が得られやすい。
・同様体験者の集まりなので、回復者の体験談、渦中の悩みなどがストレートに伝わって
 現実味があります。
・抽象的な理論ではなく、具体的な回復へのアプローチの模索と各人に即した対策を
   話しています。
・会員や理論からの押し付けではなく、当人を主体として話し合っております。
・実生活を生きやすくするため、森田以外のことや職場、日常面、薬など必要なことは
 何でも話題にしています。