とらわれNPO法人 生活の発見会  関東第一支部
 普通神経症コラム

「とらわれ」の苦しみから立ち直るために

  〜「普通神経症」「パニック」の体験  

                           浅草集談会    

M・きしもと 

  

いつも体調を気にする日々

  
 それは、私にとって、びっくり仰天する出来事でした。
 学校の帰りの電車の中で、急に気分が悪くなり、家に帰ってからも腸がねじれるような感じで、七転八倒して苦しんだのです。しかし、医者は「特に悪いところや、異常はないようだ」というのですが、「これは大変なことが起こってしまった、今度起きたら本当に死んでしまうかも知れない」と、「思い込み」をしてしまったのです。
 そのような経験をされた方もいらっしゃるかも知れません。
 私の場合、すべてはここから始まったのです。
 それからは、いつも体調を気にする日々が続くようになり、次第に得体のしれない心身の違和感、不調感、時々起る心臓の動悸にさいなまれていきました。
 私はその後、25歳頃からと、さらに30歳すぎと、それぞれ2〜3年間、3回にわたり、たとえようのない違和感、不調感の苦しみに悩まされました。
 いずれも何とか立ち直っていきましたが、「なんとなく治ると、なんとなく再発する」と言われますように、「再発」を繰り返したのです。
       

なぜ起こる、たとえようのない違和感、不調感のメカニズム

自然治癒力
 なぜ、再発を繰り返したのでしょうか。
 それは、得体の知れない身体の不調感や心臓の動悸などが、「どうして起こるのか」というメカニズムが分らなかったからなのです。その為に、「どうしたら良いのか」が分らなかったのです。そのせいで3回も「再発」を繰り返し、さまよい歩いたのです。
 しかし、そのような「身体の違和感や不調感にとらわれるメカニズム」が分ったことによって、「これで何とか治っていくかもしれない」という「希望」が生まれたのです。
 体調が乱れはじめ、気になる違和感が起こりはじめると、私は「あわてて」しまい、何とか「押さえ込んで」しまおうと必死になってしまったのです。それが、かえって状況を悪くしてしまったのです。「逆」だったのです。「何もしない」で良かったのです。
 「そのまま」にして、目の前の必要事を行なっていれば、心と体の「自然治癒力」が働いて、元の正常な状態に戻してくれるのでした。それが、森田療法でいう「あるがまま」で居ればよい、という事でした。たとえ、違和感が起こったとしても、「そのまま」に、「あるがまま」「普通に行動」が出来るようになれば、それが「治る」という事でした。
  

心と体の『自然治癒力』が治してくれる


治る  それは、薬や医者が病気を治すのでなく、「自然治癒力」が治すのと同じだったのです。その「自然治癒力」にすべて「おまかせ」すればよかったのです。
 そのことが分かっていくにつれて、「行きつ、戻りつ」でしたが、私は、次第に立ち直っていきました。今の私は、大きな再発はなく、元気に、普通に、毎日を過ごしています。
 どんなに症状などの種類が違っても、「基本になる、底に流れるものは同じ」でありました。神経症に陥るメカニズムには、共通するものがあり、みな同じであったのです。
  

発見会、集談会は「学びの場」、自分で「自分を育てる場」


 発見会では「なぜそのような苦しみに陥るのか」を学びます。また、自分に起った苦しみ、次々に起こる色々な問題を「どのように受け止め、どのように行動すれば良いのか」も学びます。その為の学習会があり、集談会でも、経験を出し合いながら話し合います。
 発見会、集談会はそのような「学びの場」なのです。そして、自分で「自分を育てる場」でもあるのです。そのような「場」は、全国に百数十個所あり、関東地区は50数個所あり、毎月一回、さまざまな形で開かれています。会員であれば、どの「場」に出るのも自由なのです。会員になる前に、試みに出られる「場」もあります。そのような「場」に出てみると、「新しい世界」が開けてくるのです。自分ひとりで本を読み、考えている場合には得られない「場の力」が働くからです。その「場」には、絶大な力があるのです。気付かぬうちに、体が感じ取っているのです。それは「物事そのものの力」なのです。
 あなたも、出席してみませんか。私は、そこで得たものが一番大きかった、という気がしています。それと、日常の何気ない必要な行動の「積み重ね」「継続」すること、そして、毎日の仕事をすすめる「場」で得たものとで、本当の意味で「治った」のです。

HOME> 普通神経症>コラム


リンク

浅草集談会ホームページ

「森田療法を学ぶ」
第一支部ホームページ

生活の発見会ホームページ




普通神経症、パニック
「もう一つの原体験」
M・きしもと

このコラムの元となった長編手記
です。こちらからPDFファイルで
お読みになれます。