心の健康セミナーin東京(調布)
市民公開講座 〜くよくよしてしまう心配性のあなたへ〜
 『不安とのつきあい方を学ぶ森田療法講座』

心の健康セミナーin東京


―終了しました―

11/16 SAT 開催
参加費無料
定員100名(事前申込制) 
  ※一般のかた優先
会場:調布市文化会館たづくり8F 映像シアター
講演:北西憲二先生

詳細はこちら⇒ CLICK


なぜ、森田療法を学ぶのでしょう?

 最近では、さまざまな心の病が取り上げられ、神経症による心の問題が、より身近なものになっています。
 社会不安障害。
 強迫性障害。
 パニックなどの不安神経症。



●森田で、神経症を克服する

 森田療法は、その神経症に有効とされる日本生まれの精神療法です。医学博士であった森田正馬(もりたまさたけ/しょうま・1874-1938)が、1919年(大正8年)に確立しました。

●森田で、不安にとらわれない生き方を学ぶ

 森田正馬が「神経質」と名付けた神経症は、今日では「不安症/不安障害」と診断され、その不安や恐怖を取り除くことを目的として、薬物療法や精神療法が用いられることもあります。

 それに対し、森田療法では、不安は自然なもので、取り除くものではないと考えます。不安は私たちが生きる上でなくてはならないものだというのが、森田療法の考え方です。

●森田で、あるがままに、より良く生きる

 不安は、より良く生きたいという欲望の裏返しです。神経症の症状は、この不安をなくそうとして、かえって大きくしてしまったものなのです。
このメカニズムを知り、神経質な性格を生かした生き方を学びましょう。


次ページは…
生活の発見会で森田療法を学ぶ


関東第一支部 集談会・懇談会・同好会のご案内


初心者懇談会

 


東京Aブロック         東京Bブロック
神奈川ブロック       症状・年代別の
森田理論を学ぶ会         ネット交流
 

▲ページトップに戻る