HOME > その他
不安は、安心のためのおまもり

抑うつ神経症(気分変調症)

軽くて長いうつが慢性的に(ふつう二年以上)持続している状態が「気分変調症」です。このタイプのうつは、かつては神経症のひとつとして考えられ、抑うつ神経症と呼ばれていました。(白揚社「森田療法で読むうつ・その理解と治し方」参照)
DSM-5では、「気分変調性障害持続性抑うつ障害」となっています。
この抑うつ症状は、神経症性抑うつ状態ということですので、森田療法が有効となり得るでしょう。

コラム
心の自然治癒力
練馬集談会 A・Inagaki